白き想伝花そうでんか

茜の空 伸びる影揺らいだ
一人立ち止まり見つめる

空は高く遠く 伸ばす手は届かず
僕は孤独思い知る

彷徨う日々
誰もその瞳に僕の姿映さなくて

見つけて欲しいと
歩くこの大地に花が咲く種を蒔いた

小さな芽は光浴びて育つ やがて白い花が咲いた
ゆらゆら風に吹かれ 人は花見つけて笑む

花は誰もの心癒し 花は人に愛された
けど種を蒔く僕を知らない 誰もが知らない

誰か見つけて 誰か探して……

花見る者が微笑むなら
いつか僕も笑むのかな?
ただ一人で種を蒔いた
孤独を抱えて

寂しさ伝える白い花
種蒔いた者の願い乗せて
今も咲き誇る

コメント(一部反転)

<ここから反転>
かなり初期の作品です。
とにかく作詞がやりたくて、とあるボイスドラマ様に応募しました。
残念ながら落ちてしまったのですが、とても勉強になりました。
……今見ると、未熟過ぎて結構恥ずかしい。
<反転おしまい>

2009.8.11 
Copyright (c) Souka Aokaze. All rights reserved.
inserted by FC2 system