放課後のクローバー

開かない扉が開く時に
もう一つの世界と出会う
いつもと同じ日々がほんの少し
色を変え鮮やかになった

夕焼けに染まった放課後の教室
黄昏れてる暇なんてないまま
動き始めた闇を捕まえるために今
魔法のペンを持つ

想いを込めて描いたら
形に力が宿り
悪い気持ちを吹き飛ばす
交わした誓いを胸に
秘密の呪文 唱えよう
不思議なことがそこで待っている

曇った窓の外 眺めては
物憂げな溜息をついた
まるで自分の心とそっくりで
どうしたら青空になるの?

怒られてばかりで弱気になっていた
間違うことを恐れているんだ
それでも敵は待ってくれないから急いで
顔を上げるしかない

一人じゃ何もできないよ
隣に君がいるから
背中を預け 立ち向かう
支えてくれる仲間と
共に笑っていたいから
くじけそうでも諦めはしない

白くて四つの葉を持つ
小さな花に願いを
私に勇気を下さい
大きな壁にぶつかり
迷い、悩んでいるけれど

信じた道を駆け抜けよう
きっと未来は優しい
光で溢れているから
時には落ち込むけれど
今日も明日も前を見て
止まることなく歩いていくんだ

コメント(一部反転)

作曲はみくるJさん、編曲がBBレモンさん
同人音楽サークルの音空フロール(旧もえ@みくる)さん制作
「放課後のクローバー」に収録されています
特設サイトはこちらからどうぞ

<ここから反転>
架空アニメのOP曲ということで、自分なりにアニソンっぽい歌詞を書いてみました……!
かっこよくて前向きな感じにしてみたのですが、いかがでしょうか
いつもの蒼風歌詞とは一味違う感じになったかも?
実はサビ直後に魔法の呪文を唱える箇所が存在しているのですが、CDのブックレットにもその部分の歌詞を書いていません!
でも意味はちゃんとあるんです!
造語なんですけど、逆再生するとひょっとしたら何か聞こえるかもしれません
<反転おしまい>

2012-M3春 
Copyright (c) Souka Aokaze. All rights reserved.
inserted by FC2 system