「こんな天気のいい日には」
作詞・作曲:蒼風そうか/編曲:みなづき/歌唱:薫篠子/MIX:ちと(StudioSDP)
※タイトルクリックで音楽プレイヤー別窓表示
——もったいないよ。君の代わりはどこを探してもいないのに。

【4月18日 こんな天気のいい日には】

 吉川透弥(よしかわ とうや)は変人と呼ばれている。 飄々とした態度につかみどころのない性格。そして、時折見せる奇々怪々な行動。だからクラスメイト達は彼と距離を置いている。僕は彼について特段気にもしていないし、関わりも持っていない。そんな風に日々を過ごしている……はずだった。

 昼休みの教室はほどほどに賑やかだ。その中で僕は一人、本を読んでいた。もう少しで読み終わる冒険活劇。ページを捲る手は止まらない。この物語は一体どんな結末が用意されているのだろうか。周囲のことなど忘れ、僕は夢中になって読み進める。そんな時だ。ぽん、とふいに肩を叩かれた。振動が伝わる。驚いた体はびくっと跳ね上がった。一気に本の世界から現実へと戻る心。反射的に僕は振り向く。そして、むにっと。

「ははっ。いいんちょ、引っかかったね。これで5回目」
「……吉川くん」

 吉川くんの指が、僕の頬っぺたへと食い込んだ。

「いいんちょの頬っぺ、やわらかいよね。気持ちいい。飽きない」

 ぷにぷにと吉川くんは僕の頬っぺを何度もつつく。そんな柔らかな頬とは正反対に硬直する僕の体。こんなやりとりをするようになったのは1週間ほど前からだ。高校2年生の春、僕らは初めて同じクラスになった。それまでお互い面識もなく、存在すらも知らなかったと思う。ただ本当に突然、放課後の教室、一人で日直の仕事をこなしていた僕に吉川くんが話しかけてきた。

「ねえ、いいんちょ。何してるの?」

 それが始まり。

「……吉川くん、だよね? "いいんちょ"って僕のこと?」
「ここにはいいんちょと、ボクしかいないよ」
「あの、僕、別に委員長とかやってないんだけど……」
「でも見た目がいいんちょっぽい。眼鏡とか、眼鏡とか、眼鏡とか」
「眼鏡だけ?」
「あと真面目だけど、気が弱そうなところとか」
「そ、そうなんだ。……あ、ひょっとして僕の名前分からない? クラス替えして、まだ1週間だしね」
「いいんちょは、いいんちょでしょ?」
「……えっと、一応言っておくね。僕は和泉司(いずみ つかさ)」
「で、いいんちょは何をしてるの?」
「……日直の仕事」

 どうして吉川くんが僕に話しかけてきたのかは分からない。いくら思い返してみても、接点やきっかけはこれと言ってなかったと思う。ただ、その日以来どういう訳か、吉川くんは僕にちょっかいをかけてくるようになった。

「いいんちょの、そういう困った顔も面白い」
「……えっと」

 ニヤっと、特徴のある笑みを浮かべ、吉川くんは反応に困る発言をする。笑おうとした口がひきつるを僕は感じた。正直僕はこういうスキンシップには慣れていない。こんな風に絡まれた時、一体どうすればいいのだろうか。明確な答えがあるのなら、誰か教えて欲しい。今の僕はただひたすら、吉川くんを見つめることしかできない。吉川くんは頬っぺをつつくのを止めると、空いていた前の席へ腰をかけた。おもむろに僕の机に肘をつく。

「ねえ、いいんちょ。構って」

 だろうね、と僕は予想していた言葉に曖昧な笑みを浮かべた。

「吉川くんはいつもそう言うね」
「だって暇だから」
「それは他の人じゃダメなの?」
「他の人がダメじゃなくて、いいんちょがいいから話してる」

 そうきっぱり言い切られると、それ以上追求することもできず。

「"構って"って言われても、何をしたらいいのか分からないよ」
「それじゃあ話そうよ」
「分かった」

 僕は開いていた小説に栞をはさみ、ぱたんと閉じた。

「いいんちょってさー、いつも本を読んでるよね」

 吉川くんがまじまじと僕の手の中に収まっている本を見る。

「そうかもしれないね。時間があるときは、本を読んでることが多いかも」
「これ、買ったの?」
「うん。ちょっと本屋さんの中をうろついてた時にね、タイトルに惹かれて勢いで買っちゃったんだ。文庫本だから値段も手頃だったし」

 僕はそっと背表紙を撫でる。

「うみのそこのー……」
「"海の底のアルトミア"ってタイトルだよ」
「ふぁんたじー?」
「そうだよ。海外ファンタジーでね、シリーズものなんだ」
「どんな話?」
「えっと、主人公は冒険に憧れる少年でね、ある時こっそり大きな船に乗り込むんだ。でもその船って実は海賊船で……。ひょんなことから主人公は船長と仲良くなるんだけど、そのまま船員として世界中に散らばるお宝を探す手伝いをすることになってしまう、ていうのがおおざっぱなあらすじかな」
「へぇー」

 吉川くんは本から視線を外すと、今度は僕へ移した。肘をついているせいで、僕を見上げる形となっている。いつもニヤついている顔が、何だか楽しげに見えた。

「楽しそう」
「うん、読んでてわくわくするんだ、この話。主人公達に次々と困難がふりかかるんだけど、それを予想外な方法で乗り越えるんだよ。展開がジェットコースターみたい。だけどちょっとしたところに伏線もあって——」
「そうじゃなくて」

 吉川くんが僕の言葉を遮る。そしてひと呼吸置いて、こういった。

「いいんちょが」
「えっ……」

 思わぬ言葉に、僕はきょとんとする。

「いいんちょが、楽しそう」
「……そう、かな?」

 確かに話しやすい内容だったせいか、いつもより言葉数が多かったかもしれない。そのせいか、少しだけ気持ちがふわふわしている。だけど楽しそうなのは、吉川くんもでしょ? そう口に出そうとして、僕は言葉を飲み込む。違っていたら恥ずかしいし、彼が楽しそうな理由が分からないからだ。ひょっとして、吉川くんは人の話を聞くのが好きなのだろうか。

「ねえ、好きなのはこの本だけ?」
「違うよ。これはファンタジーだけど、他にもミステリー系で集めているシリーズもあるし、ジャンルは関係なくてずっと追いかけている作家さんもいるよ」
「そっかー」

 吉川くんはどこか納得したような表情を浮かべると、肘をつくのをやめ、体を起こした。うーんっと、背伸びをして、すとんと肩を落とす。目線の高さが僕と同じになった。

「いいんちょってさ、本当に本が好きなんだね」

 真っ直ぐな瞳と、楽しげな笑み。そこに乗る何気ない言葉。裏表なく、純粋にそう感じて吉川くんは言ったのだろう。彼が見せた態度は、全てが好意的なもので溢れていた。だけど僕は、彼の放った何気ない一言に、すぐに言葉を返すことが出来なかった。後ろめたい気持ちと共に、胸に小さな痛みが走る。

「……好き、だよ」

 少しためらい、紡いだ言葉。声量も小さくなる。変だと思われなかっただろうか。そんな僕の様子を知ってか知らずか、吉川くんは不思議そうに僕を見つめた。しかしそれも一瞬のことで、またいつものニヤついた笑みを浮かべて彼は話を続けた。

「でもちょっと意外。いいんちょ、頭良さそうだし、眼鏡だし、やっぱりムズカシイ本ばっか読んでるのかと思った」
「眼鏡は関係ないと思うけど……。難しい本って例えばどんなの?」
「えー、参考書?」
「参考書は、まあ確かに読むけど、読書って感じではないかも」
「じゃああれは。新書っていうの? なんか難しいこと語ってるの」
「新書は、たまに読むかな。でも僕は基本的に小説の方が多いよ」

 僕がそう答えると、吉川くんは眉を寄せ、難しい問題を目の前にしたときのような表情を浮かべた。うーん、といかにも悩んでいます、というような声を上げ、しばらく考え込む。そしてしかめっ面でこう言った。

「ねえ、なんで参考書でも新書でもなく、小説を読むの?」
「えっ」
「なんで小説のがいいわけ?」
「それは……」

 思わず言い淀む。僕はたまに、吉川くんが苦手だなと感じる事がある。過剰なスキンシップもそうだが、彼は一歩、奥へ踏み込むような問いかけをしてくる。例えば、今のように。しかも今回、よりによって彼の興味の対象は"小説"に向けられている。

「ねえ、なんで?」
「えっと、あの、その」

 上手い言葉が出てこない。焦れば焦るほど、隠したい本心が浮き彫りになる。自分の中で、小説を読む理由など分かりきっていた。けど、それはあまり褒められたものではなくて……。だから口に出すことをためらう。かと言って、誤魔化すことが苦手な僕にとって、思ってもないことを即座に言うのは至難の業だった。吉川くんはいつの間にか表情を消し、ただじっと僕を見ていた。妙に澄んだ瞳が僕を捉えて離さない。まるで嘘や偽りは許さないと言わんばかりの視線。いい答えが浮かばない。何て言うのがベストだろうか。ありふれた答えを言えばいいだけなのに、ポンコツな僕の頭ではそれすらもままならない。言葉が途切れ、沈黙が続く。結局、場の雰囲気に耐えきれなくなった僕は、観念して本心を話すことにした。

「他の誰かになれるから、かな。なーんてね」

 少しおどけたような言い方をして、僕は笑う。ちくりと痛む胸。言ってしまえば自覚をしてしまう。だから言いたくはなかった。どうか違う話題になりますように、と心の中で祈る。これ以上はダメだ。僕の中で、何かが崩れてしまうから。

「なんで、他の誰かになりたいの?」

 しかし吉川くんは、僕が逃げることを許してはくれないらしい。また一歩、内面へ踏み込んでくる。

「それは……」
「それは?」

 拒めばいいのに。笑って、適当に流してしまえばいいのに。逃げることすらしない僕は、なんと愚かだろう。心の中にぽつりと浮かぶ答え。それはもう、ずっと前から分かりきっていたものだった。促され、言葉は喉の奥までせり上がる。それを飲み込むことなど、最早不可能だった。零れたのは、とても小さな声。

「……僕が、僕を好きじゃないから、かな」

                                             次のページへ(2/2)→


Copyright © Souka Aokaze All Rights Reserved.
inserted by FC2 system